Menu

初めてご来院の方へ

Home

初めてご来院の方へ

京都市の左京区にあるオーク動物病院では、家族の一員としての大切な伴侶動物(コンパニオンアニマル)の健康を維持し、飼い主さんと動物たちの幸せな暮らしを大切にしたいから、最善の動物医療と心のこもった看護を目指します。

治療方針

治療方針

動物病院での診察はペット、飼い主さん、獣医師の信頼関係とコミュニケーションが大切だと考えておりますので、 当院では、インフォームドコンセントを大切にし、ペットに必要な検査、治療の内容などを十分に説明して、ペットと飼い主さんにとって最善の診療を行うことを心掛けております。
そのため、最新の知識と技術の習得、設備の導入にも取り組み、様々な病気に対応できるように多くの獣医師と連携をとりながら、日々努めております。また、どんな些細な疑問でも気軽に聞いていただけるように、獣医師、看護士ともにいつも心掛けております。分からない事があれば遠慮なくスタッフに声をお掛け下さい。皆様の大切なペット達の疾病予防、健康維持のために、お役に立てれば幸いです。

診療動物

診療動物

イヌ、ネコ、フェレット、ハムスター、ウサギ

受付時間

受付時間

※木曜日・祝日は休診。
※日曜日午後は休診。

夜間診療について

※夜間の場合は、京都の京都夜間動物救急センターをご紹介しております。

ご来院時のお願い

犬の場合

犬の場合

リードをつけるか、キャリーボックスでお連れください。
待合室より外のほうが落ち着くワンちゃんの場合は、その旨を伝えていただいたうえで、外でお待ちください。こちらからお声をかけるようにいたします。

猫の場合

猫の場合

猫は逃げ出せない構造のものに入れてお連れください。
キャリーボックス、バスケットまたは、布、網の袋(洗濯ネットなど)などでお連れください。ダンボール箱の使用は避けてください。箱を破いたり、ダンボールのふたの間をすり抜けたりして、逃げ出すことがあります。不安がる様子があり、キャリーボックスに入りたがらない猫ちゃんの場合、洗濯ネット、座布団カバーのご使用もお勧めです。狭くて、閉じ込めているような感じで、虐待しているように受けとると思いますが、暗くて狭い状況は猫ちゃんにとっては精神的に安定しやすい環境です。まれに例外もあります。

ウサギ・フェレットの場合

ウサギ・フェレットの場合

キャリーボックスに入れてお連れください。
診察の際に性格がそのまま現れます。怖がりなウサギは診察台の上でじっとしています。興奮するタイプのウサギは飛び降りる勢いです。診察の際には、予めウサギやフェレットの性格をスタッフ、獣医師にお伝えください。性格に適した診察を心がけるようにいたします。

ハムスターの場合

ハムスターの場合

可能であれば普段飼育しているケージのまま来院してください。
糞や尿、食欲の状態、飼育環境が詳細に把握できます。大型ケージで移動困難な場合は、小動物用キャリー、フタ付きの箱に入れて来院してください。
気温の低い時は、使い捨てカイロなどで暖かくして連れて来てください。車中のエアコン、カイロや保冷剤などを利用して温度を上手く調節してください。水入れをはずした状態で、なるべくそのままお連れください。

このページの先頭へ