Menu

定期健康診断

Home

定期健康診断

病気の早期発見、早期治療はペットたちの健康への一番の近道です。年に1度は定期健診を受けましょう!

なぜ定期健診が必要なの?

なぜ定期健診が必要なの?

ペットは体調を言葉で伝えることが出来ない赤ちゃんと同じです。一見元気そうに見えるあなたのワンちゃん・ネコちゃんも実は思わぬ病気に罹っているかもしれません。また、動物は人間に比べて一年間での加齢がとても早いので、特に6歳齢以上の中~高齢期になると人間と同様、糖尿病、心臓病、肝臓病、腎不全、関節炎や腫瘍などの疾患になり易くなってきます。しかも、体内から徐々に進行していくこれらの病気は、外見だけでは判断できないものが多く、病気の早期発見、早期治療をするためには、血液検査・心電図検査・レントゲン検査・超音波検査などによる定期健康診断がとても有用となります。
当院では、ペットたちの健康維持と病気の早期発見・治療のために、ワンちゃん・ネコちゃんの年に一度の定期的な健康診断をお勧めしています。

どんな検査があるの?

どんな検査をするの?

検査の内容は、身体検査、血液検査、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査などがあります。
また、朝にした便や尿を持ってきていただければ検便や検尿も検査することが出来ます。
検査日は、朝からお水は飲んでも大丈夫ですが、食餌を与えずに、午前診療にお越しください。

身体検査

視診・触診や聴診器・検眼鏡などを使っての基本的な検査です。皮膚・被毛、口腔内、脱水や栄養状態などの視診や体表や腹部の臓器に異常がないか触診します。また、心臓や呼吸器に異常がないかチェックするために心臓や肺や気管の音を聴診したり、検眼鏡を使って眼球の検査をします。

血液検査

白血球、赤血球、血小板などのCBC検査、肝臓や膵臓や腎臓など異常がないかを調べるために肝酵素、膵酵素、尿素窒素、血糖値、電解質などの生化学検査や炎症反応(犬CRP)などを検査します。この検査をすることで、おおよその健康状態や臓器の状態を推測することができます。また、高齢期や疾患が疑われる場合は、甲状腺機能検査や心筋マーカー検査や特殊検査なども行います。

心電図検査

心電図は、心臓内に伝わる電気信号をとらえて、心臓の動きを波形で記録する検査です。心電図の波形に異常がないか?不整脈はないかどうか?を調べます。

レントゲン検査

レントゲン検査は、鎮静などを必要としない手軽で身近な画像検査で、骨や脊椎の異常だけでなく、胸部では肺がんや肺炎などの肺疾患、心臓肥大や気管支の異常、腹部では肝臓や胆嚢の異常、小腸や大腸の様子、腎臓や膀胱の異常などを調べることができます。

超音波(エコー)検査

超音波検査では、心臓、肝臓、胆嚢、脾臓、腎臓、膀胱などを調べます。レントゲン検査では確認できない各臓器の内部構造を見たり、カラードップラーにより心臓の血流の異常などを調べることができます。また、超音波で検査する時には皮膚とプローブの間に水分が必要なので、毛刈りが必要となりますのでご理解ください。

検便・検尿

顕微鏡で便中の寄生虫卵、原虫のチェックをします。普段の散歩などで知らないうちに消化管内に寄生虫が感染していることがあります。
顕微鏡で尿中の結晶成分や細胞などをチェックします。普段の食生活などで慢性的に尿石症(ストラバイト・シュウ酸カルシウム等)を患っていることがあります。

健康診断の流れについて

ペットドックのパック検査

♦ ① 血液検査〔CBC、生化学検査などの為に採血を行います〕および身体検査等

♦ ② レントゲン検査〔①で異常があれば、胸部・腹部などの撮影を行います〕

♦ ③ エコー検査〔①又は②で異常があれば、胸部・腹部などのエコー検査を行います〕


④ 心電図・特殊検査等〔各検査で異常などがあれば、随時検査を行います〕

※健康診断は、動物健康保険の適用外となります。
※検査日は、基本的に朝からお水は飲んでも大丈夫ですが、食餌は与えないで、午前中にご来院ください。
※検査結果は、当日に結果が出る検査もありますが、数日後に結果が出る検査もございますのでご理解ください。
※詳しくは当院までお問い合わせください。

このページの先頭へ