MENU
耳寄り情報・ご案内
TOPICS / DUIDE

要注意症状

このような症状にご注意ください!

このような症状が見られるときは、すぐに当院にお連れください。なお、夜間の場合は夜間病院(リンク集)をご利用ください。

caution img01

皮膚・耳道

  • 体を異常に痒がる
  • 耳を痒がる・頭をよく振る
  • 皮膚にブツブツがある・毛がよく抜ける
  • フケが多い・皮膚が脂っぽい
  • 皮膚や粘膜の色が異常に赤い、または紫色になっている
  • 体の一部が腫れている・傷や出血がある
  • 体が熱い・冷たい
caution img02

呼吸器・循環器

  • 咳をよくする・喀血がある
  • 呼吸が荒い・息をするのが苦しそう
  • 息が時々止まる
  • くしゃみ・鼻汁・鼻血が出る
  • あまり動きたがらない
  • 発作で倒れることがある
  • 舌の色が悪い・チアノーゼになる
caution img03

消化器

  • 異物など何かを飲み込んだ
  • 吐き気や嘔吐・下痢が続く
  • 便に血が混じる・下血がある
  • 便が出にくい・便が異常に細い
  • 腹が腫れてきた
  • 多飲・多尿がある
  • 口臭がきつい
caution img04

泌尿器

  • 赤い尿をする
  • 尿が出ない、または少ない
  • 何度も排尿姿勢をとる・トイレが長い
  • 飲水量が多い
  • 以前より少し痩せてきた
  • 一日の尿量が多い
  • 皮膚の弾力がなくなる
caution img05

生殖器

  • 外陰部から膿や不正な出血がある
  • 乳腺が腫れている、乳頭から乳汁や血液が出る
  • 排便や排尿に時間がかかる
  • 睾丸が片側しかない
  • 睾丸の大きさが左右で明らかな違いがある
caution img06

筋・骨格

  • 関節が腫れている
  • 跛行がある
  • 手や足を上げたままつかない
  • 四肢で踏ん張れない
  • 段差の昇り降りができなくなる
caution img07

脳神経

  • 痙攣を起こす
  • 沈鬱・意識がなくなる
  • 足がふらつく・立てない
  • 体を痛がって激しく鳴き、背中を丸めている
  • 真っ直ぐ歩けない・旋回する
  • 夜鳴きが多い・無意味に鳴く
caution img08

眼科

  • 目やにが出る
  • 眼が赤い
  • 眼を開けない・眼がしょぼついている
  • 眼が飛び出ているように見える
  • 物によくぶつかる
  • 眼が白っぽく見える
caution img09

分娩

  • 予定日を過ぎても出産の兆候がない
  • 陣痛が始まって1時間経過しても胎仔が出てこない
  • 次の胎仔が2時間経っても生まれてこない
  • 外陰部から胎仔の一部が出たまま止まっている
caution img10

腫瘍

  • 痩せてきた
  • 体に腫れ物、出来物がある
  • 腹が大きくなってきた、腫れている
  • くしゃみが多く、鼻血が出る

ご予約・お問い合わせは、お気軽にご連絡ください

layout tel

京都府京都市左京区岩倉南桑原町14

#anchor

受付時間

 
9:30-12:00××
16:30-19:00×××

【休診日】木曜・祝日 / 日曜午後
※ 夜間の場合は、京都の京都夜間動物救急センターをご紹介しております。

耳寄り情報・ご案内

© 2020 オーク動物病院